<終了しました>音からはじまる古典フラ

IMG_5377
この時間を過ごさせていただいたこと、
これは何にもかえがたい経験になりました

vol.3Hale Hoola Day
今回は
ハワイ島の伝統的なハラウ「Halau O Kekuhi」
(フラファミリーはたくさんいますが
何百年にわたってハワイ島の火山の女神ペレを
お祀りしながら伝統的なフラを守っている
唯一無二のハラウです。日本でも
伊勢神宮にフラを奉納されているそうです)
師事している尾花りい子先生をお招きして

音からはじまる古典フラのこと
ハワイアンスピリットのお話を
聴かせていただきました

この場に入ることを
許してもらうチャントからはじまり
ざわついた空気が一瞬にしてしーんと
静まりかえりました

雨音と
りい子先生の声色が響きあわさって

ハワイ島のボルケーノの
濃密な森の中にいて神聖な儀式を
垣間見ているような心地

参加者の方の中には
自然と涙がでたとおっしゃった方も
いらっしゃいました

ハワイの歴史やフラにまつわる神話、
りい子先生自身の人生がかわったきっかけなど
ふだんなかなか学ぶことのできないお話を
たくさんしてくださいました

どうして日本人はハワイに魅かれるの?
どうして日本人のフラ人口がふえたの?

そんなこともお話してくださり
私自身す~っと腑に落ちたことが

日本もハワイも森羅万象、
全てのものに神様やスピリットが宿るという
考え方が共通しているから
西洋人と違い、お互いに受け入れられる節がある
というお話

とってもナチュラルな考え方で
ヨガの根源とも似ています

何年か前にはやったのですが
「ホ・オポノポノ」という言葉や本を
皆さんご存知でしょうか

実はそれは
ネイティブハワイアンのものとは微妙に違うと
りい子先生はおっしゃっいました

詳細は明らかにできませんが
古代ハワイには「あやまる」という
言葉がなかったそうです

すべては「pono=正しい」

本来の自分は
ひかりかがやく存在だと自覚していると
正しさしかない、と

表裏一体、陰と陽、
白黒でなくグレーゾーンもある、そんな
言葉も近いのかもしれません
IMG_5363
伝統的なカヒコは
座ったまま踊ります

少しおしりをあげたままおこなうので
挑戦してみましたが
太ももがきつくてすぐにギブアップ。。

りい子先生、去年還暦を迎えられたとは
とうてい思えません

ひょうたんをくりぬいて作られた
原始的な楽器、「イプヘケ」の音も
聴かせていただきました
(楽器がなかったころは
この音を声で表現していたんですって!)
IMG_5368
古代ハワイの
カードリーディングもしていただき
ドキドキしながら
1枚ずつカードを引きました

私だけピリキアの「恐れ」という
カードを引いてしまいましたが。。
(先生は最初、それはいいカードです!と
満面の笑みでおっしゃっていたんですけど笑)
先生と皆さんのフォローありがとうございました

違う場所でフラを学ばれている方も
こんな深いお話を教えてもらったことがないと
感慨深そうでした

雑誌や本、ネットでいろんな情報が
手に入るけれど
「本物」のお話というのは
やっぱり人に直接会わないとわからないものですね

雨にもかかわらずお越しいただいた皆さま、
ありがとうございました

また
貴重なお話とカヒコをみせてくださり
りい子先生、
すばらしい時間を
ありがとうございました

Mahalo,nui loa  & ALOHA

おまけ
今回お出ししたスパイスランチ
IMG_5364

 

 

0712,2017