AYURVEDAアーユルヴェーダとクッキング


「ecoveda」商品のお取り扱いが始まりました

IMG_DDF69ED95594-1
ハレホオラにて
ecoveda」商品のお取り扱いが始まりました

ありがたいご縁をいただき、
正式な取扱店として販売させていただきます

オーガニックヘナ、シャンプー、トリートメント、ハーブパウダー、書籍などお求めいただけます(ハレホオラの生徒さんは郵送することもできますのでお知らせくださいね)

暮らしの中で日々使うものは、

使い心地がよく
自分を助けてくれるもの、

そして持続可能で、できるだけ自然に沿う形の物を選びたいと思います

髪型は気になるけれど
くくっていたらわからないし、髪のことは後でいいや〜とおざなりにしていましたが、やっぱり・・・違います

髪のまとまり、つや、毛先、抜け毛、って目に見えるものです
髪を含め頭皮が健康になってゆく感じ、
「今日の髪(=わたし)いいやん」って鏡を見ると思える感じは
選択するアイテムでこうも違うんだなと実感しています

ヘナをはじめアーユルヴェーダと関係のあるハーブが使われていますし、アーユルヴェーダのセルフケアとして有効に使えるハーブパウダーもあります

よかったら一度お試ししてみてくださいね

 

1225,2020


募集<2月開講>アーユルヴェーダアドバンス講座(第3期)

IMG_DA4882B0568F-1
アーユルヴェーダアドバンス講座(第3期)開講のお知らせです

アドバンス講座
アーユルヴェーダをさらに掘り下げ
より実践的に。

心、身体、ライフスタイルと向き合い、気づきを高めるための6回コースです

暮らしの中で自分をケアし
少しずつ周りの大事なひとへ広げていくことを
目的としています(毎回簡単なアーユルヴェーダの実践と自己観察が宿題となります)

誰にでもいろいろなことが起こるのが人生です

その中でバランスをとり、
自分自身を受け入れ、取り戻して、ブレない音が出せると、
自然と周りも調和してゆきます

心と身体の健康管理や
生活習慣病の予防につながるだけではなく
「健康観」そのものが変わり、
より自分らしい人生を送るエッセンスになるでしょう

暮らしの中で実践できるのがアーユルヴェーダの特徴です
少人数制ならではの毎回フィードバックがありますので、
自分だけでなく周りの方の変化も知ることができます
スマホでは得られない貴重な生きた学びが得られます

過去の受講生のみなさんの中には
便秘が改善された、よく眠れるようになった、薬を飲まなくても生理が来る、生理痛が軽減した、妊娠につながった、冷え症と頭痛が改善した、自分で無理だと思っていたことがいつの間にか実現できた、パートナーとの関係がよくなった、体調を崩す前に自分で予防できるようになった、病院にかける時間とお金が減ったなどなどたくさんの変化がみられました(個人差がありますのであくまで一例です)

アーユルヴェーダがあなたの健康と幸せをサポートしてくれますように。
そして、自然と調和できますように。

★講座中にいただく784junctioncafeのランチは
旬のもの、自然のもの、出来立てのもので
エネルギー満ちたごはんです。これもお楽しみのひとつ。

:::::::::::::::::::::

~こんな方におすすめです~
・アーユルヴェーダの知識をより深めていきたい方
・自分の体質を知りさらに健康状態を高めたい方
・美容や健康の知識をつけ、継続する力をつけたい方
・家族や身近な方のケアをされたい方
・妊娠を希望している方
・ヨガをしていてさらに自然と調和する方法を学びたい方
・自分を見つめ、自信をもった人生を送りたい方
・スパイスやハーブが好きで毎日の暮らしに活かしていきたい方etc…

:::::::::::::::::::::

過去の受講生のご感想はこちら(基礎講座&アドバンス講座)
2019年度
2018年度下期
2018年度上期
2017年度


■アーユルヴェーダアドバンス講座(第3期)

●日程
6回連続講座
<週末土曜クラス>
2021

2/27 ・ 3/20 ・ 4/24 ・ 5/15 ・ 6/19 ・ 7/24
各回 10:00~15:00

第1回  2/27(土)「ドーシャの心理的特性」
アーユルヴェーダの生理学
・ドーシャ理論の復習
・3つの心の質「トリグナ」


第2回 3/20(土)「ドーシャと五感」
アーユルヴェーダの生理学
・ドーシャと五感の関係性

第3回 4/24(土)「アーユルヴェーダと女性の身体(前半)」
アーユルヴェーダの女性学
・4つのライフステージ「アーシュラマ 」
・アーユルヴェーダでみる「女性学」と「男性学」
・生理時期の過ごし方
・自然のリズム


第4回 5/15(土)「アーユルヴェーダと女性の身体(後半)」
アーユルヴェーダの女性学
・「更年期」のドーシャ別症状とケア
・アーユルヴェーダのハーブの紹介

・アーユルヴェーダの妊活
(命の源である精子と卵子をつくるための食事法と生活法)
・スパイスレメディー


第5回 6/19(土)「マルマの理解、シロアビヤンガの習得」
シロアビヤンガの実技
ツボのような領域「マルマ」、マルマを知り、ホームケアとして最もかんたんでリフレッシュ効果のあるシロアビヤンガ(ヘッドトリートメント)を習得します
基礎講座時では簡単に触れただけですが、頭部の解剖学的な見方を知り、効能、禁忌事項、手技を学びます

第6回 7/24(土)「Ojasになるまで、7つのダートゥー」&修了式
アーユルヴェーダの栄養学
・消化と代謝のプロセスを知る
・身体の構成要素「ダートゥー」
・生命力「Ojas」と免疫力

※アーユルヴェーダ基礎知識をお持ちの方ならどなたでも受講可能です
※欠席された場合は、講義の録音を聞いていただくかプライベートでご受講ください

※もし授業についていくのが難しい場合は、個別で補講もご用意していますので
お問い合わせください(別途料金)

●場所
784junction cafe または 784.circle
神戸市垂水区塩屋町9丁目14-7

●受講料
85,000円+税
(全6回分の講義代・教材・オイル代・修了書を含みます)
※各回1ドリンク・ランチ付き
※分割でのお支払いも可能です(ご相談ください)
第1期、第2期と開講させていただいた中で
よりわかりやすくし、また生徒さんのフォローアップも取り入れておりますため
今回より受講料金を改訂させていただいております

※事前のお振込みの確認をもって
お申込み確定とさせていただきます
詳細はお申し込み時にご連絡いたします

●持ち物
筆記用具
(オイル体験時:+タオル、汚れてもよい服装)

●定員
6名(最低遂行人数 4名)→開講決定いたしました

●お申し込み方法
HPの「お問い合わせフォーム」よりお願いします


 

少人数制ですのでお早い目のお申込みをおすすめします

どうぞよろしくお願いいたします

1209,2020


(終了しました)秋のスパイス教室2020

IMG_5AA010D36B85-1

IMG_301BC43EFC49-1

秋のスパイス教室を2日間にわたって開催しました
定員5名の少人数のため、
HPで募集する前に満席になってしまい
本当にいつもありがとうございます

今回はチャパティを作りました
発酵させず、アタ(全粒粉)と水さえあればできるので
思い立った時に作ることができますね

フライパンで素焼きにして
最後は直火であぶって膨らませて仕上げます

カレーに合わせるのはもちろん
具材を載せてくるくる巻いてラップサンドにしたり
焼き立てにギーと黒糖をまぶしておやつみたいにしたり
暮らしの中で意外と役に立つかもしれません

皆さん生地を伸ばしていくのが上手でした
チャパティーマスターな方も。
IMG_C698D88C36D6-1
IMG_15E6BFAAC6D6-1
奈良に近いところから来てくれるきっさんも
チャパティをナンと言ってパクパク食べてくれました
IMG_6F215FFD9D51-1

ビーツのプラウ(混ぜご飯)は
冷めても美味しいのでお弁当にもぴったり

色も鮮やかなので家でも作ってみたいというお声もお聞きしました

肉卵魚がなくても
栄養があって満足感のある食事は
アーユルヴェーダ×スパイスならでは。

私の一方的なデモンストレーションではなく
皆で作るのも
より五感を癒しながら活性化してくれます
つまり元気になるってことです(笑)

食べるものが自分になってゆくから
忙しい日々の中であっても
時には手をかけるのもいいですよね

スパイスがあなたの健康を高めてくれますように

次回の冬のスパイス教室は
様子を見ながら開催します
またお知らせしますね

いつもありがとうございます
IMG_F8F2541013DE-1
〜受講生のご感想〜

■スパイスカレーを作るWSには行ったことがあるけど、カレー以外にもこんなに本格的なおかずを作るなんて初めてでした。スパイス使いが面白い!

■初めて会う人と同じ方向に向かって料理するのが楽しかったし、満たされました。

■前回のスパイス教室の後、体調がすごくよかったです。スパイスっておもしろい。

■足先が冷たかったのですが、食べた後、足がポカポカして血の巡りがよくなった気がします。

■皆で一緒に作るっていいですね。ご飯を食べた後もお腹が空くのがいいです。もう胃腸が動き出してる!

■こうでないといけない、っていうのがないから好きです。

■レシピの野菜を変えたり、アレンジがきくからいい。家でも美味しく作れます。普段の食事のレパートリーが増えました。

■調理を手早く手早く、とやっていましたが、匂いをかいだり、色を見たり、じっくりすることを忘れていました。思い出しました。

1104,2020