DIARY日々のこと


【終了しました】とようけのもりリトリート

IMG_7118
師匠主催のアーユルヴェーダリトリート
奈良のとようけのもりにて無事に終了しました

奈良の森の中が
南インドのアシュラムのようでした

スワミジの言葉やまなざしは
とてもやさしく穏やかで真実で、
帰ってきてからのほうが
ひとつひとつ腑におちます

伝統的なアーユルヴェーダの
深い叡智と学びは、、言葉になりません

「リトリート」は
楽しいとか、遊ぶ、とかリラックスの要素より

「ただただ自分を見つめる」
意味合いの方が強いのだと思います

お仕事、家事、育児から無縁になるって
解放感であふれそうなものだけれど
静謐な森の中では
意識は自ずと自分にむかってしまい
自分と向き合わざるを得なくなります

森の雨水をつかっているため
途中で断水になってトイレに困ったりしましたが
そういうのは苦にならず、
(水はどこからきてどこへいくのか
そんな当たり前のことが気づきにもなりました)
自分の見られたくない感情や
気づいたことをただただかみしめました

硬い鎧をぬいでいく
いらないものがとれていく
そんなかんじ。

クモが糸を張る様子を眺めたり
ヒグラシの鳴き声や
地元の銭湯でのおばあちゃんとの掛け合いとか
そんな景色に癒されました

スワミジの講義は
「beauty」のテーマのもと
自然素材をつかったフェイスパックづくりや
フェイスマッサージ、
アイライナーづくりなど実技もたくさん!
IMG_7121
IMG_7123

IMG_7116
早朝のヨガも
IMG_7117
1日2食、3日間ベジタリアンでしたが
それで満ち足りるほど
毎食のごはんはおいしかったです

アユルダ代表のかおりさんを中心に
興味のある方や手が空いてる方みんなで
つくりました
IMG_7122

IMG_7119
スパイスと
とようけのもりの畑でとれたフレッシュな
野菜をつかって、どれもうつくしいです
IMG_7120
スワミジの脈診も受けたのですが
ハレホオラの生徒さんは
受けた後の表情が
腑に落ちない、道が開けたかんじなど
それぞれ違っていました

体調だけではなく、その人の生き方までも
深くかかわってくるから
アーユルヴェーダの脈診はすごすぎ!です
インドでも脈診をとれるドクターはあまりいないそうです

アーユルヴェーダは
「帰ってからが本番」なのですが

さっそく、
リトリートに参加された生徒さんが
1~2キロ痩せ体形が変わっていました

食事の中身を変えてみたんだそうです

「初めてケーキを前にして食べたくない」と
思ったんだそうです(※ケーキを食べることが
いい悪いではありません)
その時の自分のからだの声をきくことが
できたそうで、私も嬉しく思いました

リトリートに限らず
自分を見つめることは(ヨガ、旅、勉強、etc・・)
現代生活の中では時間もお金も使いますが
それだけインパクトを残し、
自分の本質を生きることができます
それって
とっても心地が良くラクで無理のない生き方

アーユルヴェーダはそれに加え、
自分の体質に合わせた暮らし方もみていきますから
やりやすくいつでもバランスをとることができます

IMG_7128

ご参加していただいた生徒さん、
リトリートでご一緒だった方、
パールさん、スワミジ、とようけのもりの
みなさま、自由を与えてくれた家族、
すべてに
ありがとうございました

 

0920,2017


9月のお知らせ(2017)

IMG_6550
海の風もすこし乾き、

時間帯によっては
つめたさを帯びるようになってきました

少しずつ秋にちかづいていますね

秋のはじめは
夏の間に体内にたまった熱が
湿疹や抜け毛などの症状となって
外に出てくる時期でもあります

そんな時は熱を逃がし
頭部をクーリングさせるヘッドトリートメントが
おすすめです

メンテナンスをして
身体も秋じたくをはじめましょうね

◎ヨガレッスン
毎週月曜日~木曜日 10時~12時

子連れヨガについては、お問合せください
※希望日時を第3希望までお知らせください

◎9/17(日)サンデーヨガ
月に一度の土日レッスン

◎9/23(土)塩屋マーケット
アーユルヴェーダランチプレートを出店します
よろしければ食べにきてくださいね~
IMG_6551

◎9/26(月)アーユルヴェーダ講座(基礎編平日クラス①)
◎9/30(土)アーユルヴェーダ講座(基礎編土日クラス①)

「Ayurvedic table」と題し
アーユルヴェーダの基礎を学べる講座です
場所は784junctioncafeにて
(ただいま受付中です)

 

////////////////////////////////////////////////

アビヤンガ(アーユルヴェーダ式オイルトリートメント)
随時受付中です

デトックスを促し
老化予防にも効果的なアビヤンガ

便秘でお悩みの方、
PC作業が多い方、
疲れがたまっている方、
頭がすっきりしない方、
無意識の緊張感が続く育児中の方に
特におすすめです

たっぷりとしたオイルで
頭や身体の芯がとれるような感覚

ヘッドトリートメント単体もお受けしております
ヨガレッスン後にいかがでしょうか
(ただいまヨガ後のオプションとして
+2,000円で承り中です)

////////////////////////////////////////////////


 

0830,2017


Classic Ayurveda

IMG_6404
ただいまスワミジが来日中につき
週末は福岡で研修でした

2日間の講義と実技は濃厚で
大学ノートは半分使い切りました

ごはんも2食(朝昼兼用の10時半ごろ&17時半ごろの夕食)で
右手で食べたし

トイレやお風呂もスワミジ仕様で
プラスチックのバケツと手桶がありました
まるでインドにいるような感覚です

今日もボイスレコーダーを聞き直しましたが
まだまだ追いついていません
頭が沸騰してお湯がわきそう!

シロダーラとキリ(ハーバルボール)も
教わったので
今後のトリートメントメニューに
加えていけたらと思っています

2日間の学びは深く、
時折みせてくれた笑顔やたとえ話、
ジョークがスワミジの愛で満ちていました

スワミジが何度も繰り返していた
「Classic Ayurveda」の言葉、
今回私はそれがとても印象的でした

時代と環境がいくら変化しても
人間の身体はそう変わってはいません

5,000年以上前に
アーユルヴェーダで言われていたことが
最近の現代医学で発見された例は
いくらでもあります

スワミジは南インドケララ州の伝統医

アシュラム(診療所や製薬所もあり滞在できる場所)では
患者さんがひっきりなしに訪れ
西洋医学のお医者さんまで治療の相談に訪ねてきます
インド人の方でさえ
スワミジの足に触りにくるような
敬虔の念をもって接する存在なのです

私のアーユルヴェーダの師匠はパールさんです
スワミジはパールさんの師匠なので
私からすると大先生

優れた伝統医だからこその
深い叡智と実績と
経験に基づく講義の内容は
今まで読んできた日本語の
アーユルヴェーダの本には書いてありません

伝統的なアーユルヴェーダは
生活の中で行う論理的で説明のつくものです

おばあちゃんの知恵袋とか
白湯を飲めばよいというものではありません
そのことで
思い出したエピソードがあります

実はお恥ずかしながら・・
以前塩屋の急勾配の坂道の途中で
自損事故を起こしたことがあります

私の車は廃車になってしまったくらい
大きな事故だったのですが
不幸中の幸いで、子どもは同乗しておらず
私を含めけが人もいませんでした

そのことを2人の女性に相談してみました

1人はスピリチュアルなヒーラーの方
もう一人はパールさんです

ヒーラーの方は
「あなたの代わりに物だけが壊れてくれた
壊れた車はあなたの今までの考え方や
とらわれていたことの表れです
車には感謝し、今こそそれを捨てて、
自分の思うようにやってみなさい」

パールさんは
「単にヴァータが乱れていただけです
ヴァータが乱れ注意が散漫して
あせっていてギアの操作ミスをしたのではないですか?
睡眠や休息が足りていなかったのではないですか?
ヴァータを整えてください」

私は最初、
ヒーラーの方の言葉に励まされていました

その後パールさんに言われた言葉は真逆
けれど現実的なもので
理にかなっているんです
(当時授乳中だったので睡眠が不規則、
 おんぶにだっこでの生活で疲労しており
かつハレホオラの準備期間中で
PC作業も多く、休憩を忘れ
色んな事を同時進行にしていました
ヴァータがとても乱れていた状態でした)

どちらが正しいかというのは問題ではなく
現実的で説明のついているものはというと、、
後者です

自分の身体の状態が
マインドと行動にも影響しているから
身体と心を切り離さず
ひとくくりにして
アンバランスなものをバランスしていく、
そうすると
間違ったことは起こりません

アーユルヴェーダの古典であるギータには
こんな一節があります
「すべてのことは科学的に基づいていなければならない」

科学的という定義も難しいですが
アーユルヴェーダはスピリチュアルではなく
地に足のついた現実的なものであること、
ひとりひとりの生活の中で実践されている
シンプルで体系だったものだと
再認識しました

Classicは不滅で普遍的
アーユルヴェーダは
暮らしの中で活かせるからこそ面白い、です

毎日を気持ちよく快適に生きるヒントで
あふれています

++
9月からのアーユルヴェーダのお話会
好評受付中です

0822,2017